デートコース・ペンダゴン・ロイヤルガーデン

a0021641_20234064.jpg
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
(↑デートコース・ペンダゴン・ロイヤルガーデン)とは。
いつにも増して眉間に皺を寄せてる
そこの奥様方に教えて差し上げましょう。

このビックバンドこそ、昨日アタクシがお話申し上げた
菊地成孔氏率いる(略して)DCPRGなのでちゅ。

音楽理論を大学で学び、山下洋輔バンドにて
22歳の若さで衝撃デビューを遂げた菊池氏は、
90年代に神経症を患ったり、戦争不安に陥ったり、
『身も心も大病する』を繰り返しておったが
99年にこのビックバンドを結成し、
若者を熱狂の渦に誘う魅惑のミュージックを
日夜演奏してるっちゅうわけ。
しかもただいま東京芸大やら東大やらアテネ・フランセ
やらで非常勤講師までこなし、自身が運営する
『ペンギン大学』(ペンギン着グルミ着用の奥様が校長。)
でも熱弁奮って、若者を教育している教養人。

アタクシはカヒミ・カリィ嬢のアルバムで何年か前に彼の
存在を知り(今もUAハジメ様々なDIVAに愛され中。)
彼の発表する音楽を何度となく聴き、
しかもライブでも何度となく昇天していたのだが、
生誕31周年記念祭の折に、年下ペットちゃんの
御学友から彼の1stエッセー本『スペインの宇宙食』
を貢がれて、読んでみたらこれがオモチロイ。
猛烈にオモチロイ。
音楽までオモチロク聴こえちまう。

ってな騒ぎで御座いまして、今既に2作目のエッセー
『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール―
世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間』

こんな賢い男を知れて本当に良かったと
うっとり桃色ため息混じりに読み耽っているわけ。

ア・ソレソレ~。
バンド名のそもそもの由来は、
『デートコースには
力の象徴・ペンタゴンを巡り、
ついでにもいっちょ、
力の象徴・ロイヤルガーデンも
巡ってみたらどうでしょう。』
ってなWイメージ炸裂な菊地氏が勿論名付け親。
嗚呼。イカス★イカ~ス☆

では最後に。
菊池氏を知りたくて知りたくて
ウズウズしちまったムズムズ奥様に
TEXTをいくつか御紹介致しますから、
今からお勉強しちまいな~。
オルグられちまいな~。

★DCPRGオルグCD:Structure et Force/構造と力
★DCPRGオルグDVD:U‐ウラン- Vol.5
[PR]
by dekikaketa | 2005-02-21 20:23 | 芸術ちゃん祭り
<< 週末の過ごし方 アゲインスト&アジャスト(抵抗... >>